見えない!?白インク














クラフト紙や黒い紙に映える白インク、とってもかわいいですよね。
JAMでも大人気のインクですが、こいつがちょっと曲者・・・


とってもうすい

ショッピングバッグや本の表紙など、ふだん目にする白インクの印刷物は、
ペンキのようにハッキリとした色で、小さい文字などもちゃんと読めるものが多いと思います。

だけど、JAMの白インクは・・・













とってもうすめ!
紙の地色が透けてみえる感じです。

(※暗い写真で恐縮ですが、色味を補正すると実物よりなんだか
「見える」感じになってしまうのです・・・

 なので、JAM置きやフェイスブック用にスキャンすると、
肉眼で見るよりはっきり写ってしまうんですね。
このうすさを画面で伝えるのが難しい・・・(^_^;)















濃いめの色味なはずのクラフト紙やにごり紙墨でも、
インクの色味が沈みがちな発色です。
小さな文字や、濃度を落とした場合はさらに見えにくくなります。

なので、なるべく100%濃度をおすすめしているのですが、
うすくてもちゃんと(?)色ムラがでますので、ベタ面は要注意ですね~。

灰色系の紙は要注意!

スタンダードな「ねずみ」や、「はんくろ」「しらす」のウラ、「にごり紙銀鼠」など、
 灰色系の紙はJAMでもとっても人気!

でも、 これらの紙に白インクを刷ると・・・

あれっ!?見えない!?

















角度を変えると・・・
 うっすら見えます!
(ねずみ)



















何も印刷していないように見えますが・・・

角度を変えると・・・
(しらす)










うすい・・・!

読めなくては困る文字などには不向きなので、
インクや紙の変更をおすすめすることもあります。


ちなみに、ツヤプリをするとさらに色味が沈んで、グレーのような発色になります。





















シルクスクリーンのKOTTERIインクがうらやましい・・・


ですが、見えにくさを逆手にとって背景の模様に使ったり、
あえての白い紙に印刷したりと、工夫のし甲斐があるインクですよ!