見えない!?白インク














クラフト紙や黒い紙に映える白インク、とってもかわいいですよね。
JAMでも大人気のインクですが、こいつがちょっと曲者・・・


とってもうすい

ショッピングバッグや本の表紙など、ふだん目にする白インクの印刷物は、
ペンキのようにハッキリとした色で、小さい文字などもちゃんと読めるものが多いと思います。

だけど、JAMの白インクは・・・













とってもうすめ!
紙の地色が透けてみえる感じです。

(※暗い写真で恐縮ですが、色味を補正すると実物よりなんだか
「見える」感じになってしまうのです・・・

 なので、JAM置きやフェイスブック用にスキャンすると、
肉眼で見るよりはっきり写ってしまうんですね。
このうすさを画面で伝えるのが難しい・・・(^_^;)















濃いめの色味なはずのクラフト紙やにごり紙墨でも、
インクの色味が沈みがちな発色です。
小さな文字や、濃度を落とした場合はさらに見えにくくなります。

なので、なるべく100%濃度をおすすめしているのですが、
うすくてもちゃんと(?)色ムラがでますので、ベタ面は要注意ですね~。

灰色系の紙は要注意!

スタンダードな「ねずみ」や、「はんくろ」「しらす」のウラ、「にごり紙銀鼠」など、
 灰色系の紙はJAMでもとっても人気!

でも、 これらの紙に白インクを刷ると・・・

あれっ!?見えない!?

















角度を変えると・・・
 うっすら見えます!
(ねずみ)



















何も印刷していないように見えますが・・・

角度を変えると・・・
(しらす)










うすい・・・!

読めなくては困る文字などには不向きなので、
インクや紙の変更をおすすめすることもあります。


ちなみに、ツヤプリをするとさらに色味が沈んで、グレーのような発色になります。





















シルクスクリーンのKOTTERIインクがうらやましい・・・


ですが、見えにくさを逆手にとって背景の模様に使ったり、
あえての白い紙に印刷したりと、工夫のし甲斐があるインクですよ!


【コミティア120】参加してきました!

去る5月6日、東京ビッグサイトで開催された
【コミティア120】に参加して参りました!
昨年の初参加に続き二回目の登場ですが、
今回はリソグラフ印刷機を携えての参加でした。

JAMが日々回しているものと同じ印刷機で、
会場で「お待ち」(来店入稿してその場でお渡しするシステム)をやってしまおうという
大胆な試み!

(写真は設営中です。開催中は写真をとる余裕もなく・・・)











こんな感じで、片面2色印刷をその場で!















こんな感じで印刷見本の販売も!













スリマッカの実演もしてきました!













ご来場・ご注文いただきましたお客様、まことにありがとうございました!
機動力のあるシルクスクリーンワークショップと違い、
お店以外で印刷機を動かすことはほとんどないため、
レアな機会だったのではないでしょうか?!
(スタッフもドキドキしてました(>_<)

いやしかし、ほんとにすごい人でした!
残念ながらお伺いする時間はありませんでしたが
きっとJAMにご注文いただいた方々も出展されていたんだろうな・・・
そしてみなさんの撤収の素早さに感動しました(笑)
またの機会にお目にかかれたら幸いです!