なんでやねん“レトロ”印刷 -なんでズレんねん-



なんでやねーん。自分で自分にツッコミをいれているようで少し恥ずかしいのですが、
「なんでレトロな印刷になるの?」って、気になる方は多いのではないでしょうか。

レトロ印刷、名前だけ聞くと、おじいちゃんの職人さんが少し薄暗い部屋で
年季の入った古い機械で、手の感覚だけを頼りに~~~っていうのを思い浮かべます。

実際のところは、最新のデジタルな機械で、
そこそこ若いスタッフが毎日元気に印刷しています。(がっかりしないでください)


さて、レトロ印刷のレトロたる特徴として
「ズレる」「かすれる」「にじむ」「色ムラがでる」「インクが落ちる」
ということが挙げられます。

じゃあ、なぜそんなことが起きるのか?
それを少しずつ、印刷のタネという場を借りてご説明しようと思います。

まず今回は「なんでズレんねん!」をお話しします。



レトロ印刷で使っているデジタル孔版印刷機「リソグラフ」。
版に小さな孔(あな)をあけ、そこからインクを出し、
紙に転写し印刷をするという仕組みになっています。


このが、ズレの一番大きな原因になっています。

これがすごく薄いペラペラの紙のようなフィルムなんです。

ぺらぺら!
インクをだしたいところに孔をあけるので、ベタだとかなりの面積に孔があきます。
こんなペラペラのフィルムに たくさん孔をあけるとどうなるでしょう。


孔がたくさんあいていると、版が伸びやすくなるのです。
逆に孔が少ししかあいていないと、版は伸びにくいです。

それぞれ伸び方の違う2色の版を重ねて印刷すると、
どうしてもズレが出てしまいますね。

しかもこの版、インクの粘度だけでドラム(インクの出る筒)に巻きついているので
若干傾いたり、途中でしわがよったりするんです。

これがレトロ印刷のレトロな「ズレ」の原因です。


しかし、原因はこれだけではありません。



レトロ印刷のインクは半水性のエマルジョンインクというものを使用しております。
そのインクを吸い込みやすいように、扱っている紙も
クラフト系のザラザラした紙が多いのです。

その紙に印刷をすると、インクの水分を吸い紙が変形します。


表面がぽこぽこしている…!
印刷面積や濃度によって変形の程度は違います。
また、100枚印刷をしたとして、100枚全てが同じ変形の仕方をするわけでもありません。

この変形した紙の上から、ちょっと頼りない薄い版でさらに印刷を重ねると…

そらズレますわ~!
※わざとらしくズラしました。スタッフがこのままならない印刷を
 全力で見当合わせしているので 実際は1~2mm程度のズレになります。

このズレた仕上りの印刷物が、昔の、版ズレをおこした粗い印刷の風合いを
表現することができるんです。


 
多色の混色印刷はズレも魅力のひとつに!

写真の版ズレがレトロ感を醸してます!

抜きあわせ部分はズレが目立ってかっこいい!

版ズレはランダムに起こるので、仕上がるまではどうなるか誰にも想像がつきません。
それがまた愛おしくて、レトロ印刷の魅力になっているのではないでしょうか。

また、あまりズラしたくない!というときは
出来る限り、濃度の高いベタを避けると、ズレが少なくて済むかもしれません。
また、ズレが目立ちやすいデザイン(細かい抜き合わせなど)はやめる、などなど…。

ズレをリスクととるか、味ととらえるかは
人によって、また印刷物の使われ方によってもかわりますね。
どうレトロ印刷と付き合うか、いろいろ考えてみると楽しいかもしれません!

紙もの作家になってみたい


こんばんは!夜遅くにひっそり更新、印刷のタネです。
いやいや、先週の更新忘れてしまいました!うっかり!

この時期のJAMはカレンダーや製本、紙もの雑貨のご注文で溢れています◎
さすが芸術の秋、ですね!!

そんな秋の夜長に、みなさんの創作意欲の隅っこを
ちょっとだけつついてみようかな、と思います。
(ものづくりって、なんでだか夜が一番はかどりますよね。)



「紙もの作家になってみたい!」

そう思ったことはありませんか?
わたしはあります。(現在進行形で思っています。)

はい!なりましょう!!
紙もの、作りましょう!!

でも、最初の一歩ってなかなか難しいですよね。
そんなあなたには割とハードルの低めのご提案をひとつ。


追加断裁で一筆箋をつくろう

紙もの雑貨の印刷注文をするとき、気になるのが「最小ロット」 (注文時の最小枚数)ですね。
レトロ印刷はサイズによって最小ロットが変わります。
A3で50枚、A4で100枚、A5で200枚…
サイズが小さくなると、最小ロットも増えていきます。

う~ん、最初だし、ちょっとずつ、小さなものでいいから、いろんなのを作りたいなあ。
でもこの大きさだと最小ロットが多くて…

そんな時は「追加断裁」オプションを賢く使ってみましょう!



◎追加断裁とは、注文サイズから等分カットをするサービスです。

※断裁後の仕上がりがすべて同じ大きさの場合に限ります。
 サイズが異なる追加断裁はお受けできません。


A3サイズの紙に、6種類のデザインを並べてつくります。
このとき、断裁ラインを意識して作りましょう。
断裁ラインの近くにデザインがあると、切れてしまったり
隣のデザインに食い込んだりしますよ!

好きなイラストを書いて、隣に罫線を引くだけで一筆箋になっちゃうんですよ。
言葉に添えやすいようなイラストを描いてもいいし、なにげない落書きとかでもいいですね。

この場合、「フチありA3」サイズでの注文になるので
6デザインで使えるインクと紙も共通になります。
今回は濃紺と蛍光オレンジで作ってみました!

濃紺

蛍光オレンジ
そして、いつも通り分版をします。

これで、フチありA3サイズ・50枚で印刷注文をします。

そしてオプション加工の追加断裁を選択し、
6等分カットと指示します。

※ご注文フォームのメッセージ欄に書き、さらにデータ内にはガイドで線を入れておきましょう!


これで、A3を6等分(210×99mm)の一筆箋が50枚ずつ、6種類も注文出来ました
A3で注文するので、6種類の色や紙などの仕様は同じになってしまいますが
6種類もできるので、それぞれ数枚ずつ詰め合わせて販売してみてもいいですね◎

いきなり販売がハードル高いですか?
そのための10部買取サービスです。
レトロ印刷で作った紙ものは、まずレトロ印刷で売ってみましょう!

これであなたも立派な紙もの作家です!
一筆箋の次は、そのイラストをポストカードにしてみませんか?
それだけ商品が出来たら、イベント出店もいいですね。
そうしたら、名刺が必要になってきます、おやおや注文しなきゃ…!
紙ものの沼に一度はまったらなかなか抜け出せませんよ。
なんとも温かくて、楽しくって、素敵で、 みんな笑顔の沼です^^

なにかしたくて うずうず しているアナタ!
とりあえず、いますぐ、なにかひとつ作ってみましょう。

最小ロットはA3で50枚から!
それをどう使うかはあなた次第ですよ◎